大切な出会いから生まれた“結旅”
人と人の絆を大切にする“結旅”をコンセプトにした鬼怒川温泉ホテル。その歴史はヘボン博士との出会いからスタートし、いろいろな人との“結”により発展してきました。
金谷ホテルの起源 “カッテージ・イン”
世界遺産に登録されている神社・日光東照宮の楽人(がくにん)(日本の伝統的な芸術のひとつである雅楽(ががく)の演奏者)だった金谷善一郎(かなやぜんいちろう)と、一人の外国人とのふれあいがホテル開業のきっかけとなりました。
善一郎は、1872(明治5)年日光見物に来て宿がとれず、途方に暮れていたある外国人に自宅を提供し宿泊させました。開国後間もない時期で、外国人の滞在に非難の目もあるなか、善一郎は困っている人を見過ごせなかったのです。
この外国人が「ヘボン式ローマ字」の発案者として有名なヘボン博士でした。善一郎の好意に感激した博士は、その後、再び金谷家を訪れ「国際的観光地として日光が発展するためには、外国人観光客を対象とした宿泊施設が必要である。」と助言をしました。
こうしたアドバイスを受けて、金谷家は自宅の一部を外国人に提供し、1873(明治6)年「カッテージ・イン」と名付け、民宿を始めたのです。これが「金谷ホテル」の創業であり、日本におけるホテルの起源のひとつとなりました。
善一郎の子による日本有数のホテル経営
金谷善一郎は3人の子に恵まれました。のちに、この3人が日本有数のホテル経営に携わる事になります。
長男・金谷眞一(かなやしんいち)
1927年に日光金谷ホテルを善一郎から継ぎ社長となります。日本最古といわれるホテルの経営を担いました。
次男・金谷正造(かなやしょうぞう)
箱根の富士屋ホテルに婿入りし1943年に社長就任。経営者として敏腕を振るいます。
長女・金谷多満(かなやたま)と夫・正生(まさお)
鬼怒川温泉ホテルの初代館主に就任し、鬼怒川温泉ホテルの運営を任される事となりました。
1910年8月22日 長男・鮮治が誕生します。
開拓精神、飛躍の礎・発電所建設
1908年日光金谷ホテルに電灯がともるー
日光では保養に訪れる外国人客の増加に伴い、ホテル開業が相次ぎ競争が激化していました。東京で英語を学んだ真一は、18歳で帰郷しホテルマンの道を歩み始めました。ホテルの競争力を高めるために電力の確保が欠かせないと考えた真一は、ドイツの業者と交渉し発電機を購入すると、自ら工事を監督し自家用水力発電所を設置したのです。
自動車会社の設立
発電所の次に着目したのは自動車でした。1914年にフォード車の中古車を購入。送迎や観光でお客様から好評を得た眞一は単身渡米し、デトロイトの自動車工場でヘンリー・フォード氏に面会します。「自動車営業を拡大したいが資金が不足している」と真一の率直な申し出に、フォード氏は「便宜を図る」と返答したといいます。真一の語学力、そして物おじしない自信と教養がフォード氏の心を動かしたのかもしれません。
こうして14台の自動車を購入した真一は自動車会社を設立。日光の交通を大きく変えることになります。
鬼怒川温泉ホテル誕生へ
「金谷さん、鬼怒川温泉にホテルを一つ作ってあげるよ」
言葉の主は、当時の東武鉄道の社長・根津嘉一郎(ねづかいちろう)氏
東武鉄道は今市から鬼怒川温泉までの鉄道延伸を決定。それに伴い、鬼怒川温泉の駅前に延べ23,000坪、1,000人が収容できる、壮大な規模の旅館建設が計画されました。
このことに5軒ほどの地元旅館から「お客様を取られてしまう!」と大反対を受けます。
しかし、根津氏には、電車の交通整備により、鬼怒川温泉が一大温泉地になるとの確信がありました。反対する人達に「旅館が衰微したら全額補償する」と明言し、鬼怒川温泉ホテルを完成させました。
根津氏はこの鬼怒川温泉ホテルの営業権を、真一に譲渡します。
東武鉄道が今市から日光へ延伸した際、地元の反感が強い中、市内電車やバス会社の譲渡で奔走した協力者が真一でした。鬼怒川温泉ホテルの開業は、根津嘉一郎氏と金谷眞一の深い付き合いから実現したのです。
羨望のホテル 鬼怒川温泉ホテル
1931年(昭和6年)、待望の鬼怒川温泉ホテルがオープン。
当時の宿泊料金は、1人5~8円と鬼怒川温泉内では最も高く設定され、旧皇族や華族たちに利用されました。鬼怒川沿いの場所にあり、ホテルからの眺めは絶景。内装は豪華、そして瀟酒(しょうしゃ)という言葉がふさわしい趣…芳醇な和洋酒を取り揃えたバー&グリル…、豊富な種類の浴場…、ダンスホール、ビリヤード場など多彩な娯楽施設…。和洋の粋を集めた羨望のホテルとして、近代日本旅館の原形となるすべてが、ここに創られました。
新たなる旅立ち
金谷多満と正生の長男・鮮治は、1953(昭和28)年に日光金谷ホテル株式会社から分離して、鬼怒川温泉ホテル株式会社を設立。初代社長に就任しました。1969(昭和44)年には金谷ホテル観光株式会社と社名変更し、積極的に増改築に取り組み、日本国内でも有数の規模と施設を誇る旅館へと発展しています。

金谷鮮治(かなやせんじ)(ジョン・カナヤ)

長女・金谷多満と夫・正生の長男として1910年8月22日誕生します。鬼怒川温泉ホテルを独立させ、10年先を見たと言われる先眼で新しいサービスを取り入れて金谷ホテル観光株式会社を発展させていきました。

ホテルを守る富貴観音(ふうきかんのん)様
鬼怒川温泉ホテルは長い歴史の中で、災難にも見舞われました。1938(昭和13)年、1957(昭和32)年と2度の火事が起きてしまいます。
この富貴観音像、鬼怒川温泉ホテルの玄関前に鎮座し、今も静かにホテルを見守ってくれております。
そんな火事の際、鮮治はまだ火が回っていないホテル奥より女性の声を聞きます。鮮治は急ぎ助けに向かったところ、女性の姿はなく、そこには富貴観音像(日本で広く信仰されている仏像)が佇んでいたそうです。普通なら死者が出てもおかしくない大火災で、1人のけが人すら出さなかった事は、まさに奇跡と言えます。これは富貴観音様のおかげと、観音像を奉るとその後火事が起きる事はなく、鬼怒川温泉ホテルは発展していくことになります。
上質の結晶 鬼怒川金谷ホテル
1978(昭和53)年には、同じ鬼怒川温泉に鬼怒川金谷ホテルを開業。新しい市場を狙い、移転した鬼怒川温泉駅前の一等地に高級旅館として誕生させました。これまでの長い歴史に培われたサービスを結晶させ、設備からサービスに至るまで、あらゆる面での“上質”を提供しました。
2012(平成24)年「ジョンカナヤが愛した渓谷の別荘」をコンセプトにリニューアルオープン。鮮治のもてなしの心”と“美学に溢れたダンディズム”の世界観をとり入れ、“高級とはなにか”を追求しています。
進化する鬼怒川温泉ホテル
2006(平成18)年「湯を楽しむリラクゼーションホテル」をテーマに、大浴場を大きくリニューアル。そして、2010(平成24)年「結旅(ゆいたび)」をテーマに、フロントロビー、ダイニング、全客室をリニューアルし、モダンで心温まる温泉情緒の宿として皆様をお迎えしています。
年表
1873年 金谷ホテルの起源“カッテージ・イン”
1908年 発電所建設
1914年 自動車会社の設立
1931年 鬼怒川温泉ホテルオープン
1938年 1度目の火災
1953年 日光金谷ホテルより独立
1957年 2度目の火災
1978年 鬼怒川金谷ホテルオープン
2010年 結旅をコンセプトにリニューアル